曲を理解するとゆうこと

Zumba のコリオを作るときに、曲の内容をまず理解してから作る先生が私のまわりにいらっしゃいます。

すごいなあーとおもう。

まず和訳して、それからなんだもの。

ただ覚えるだけと違う。

めちゃくちゃ尊敬する。

その先生から、先日

曲の内容と私の躍りのテンションが噛み合っていないことや、動きが平面だよってゆうご指摘をしてもらい、鳥肌が立ちまして。

その先生のように、曲の持つ世界観とか、すべてを理解して踊ることはまだまだ私には難解なことだけれど、役作りと同じように、その曲をもっと掘り下げて、演じて(舞って)いけたらいいなと思いました。

該当曲、検索してみた。
「Llamado De Emergencia」

Daddy Yankee

ここに来て僕の痛みを癒して欲しい
君はこの愛の治療法を知っている
僕は君に戻って来て欲しいから電話をしているんだ
僕が今、ここで苦しんでいることを君は分かっている
これは過酷なテストなの?
ここで今にも死んでしまう男がいる
誰が彼を生き返らせることができるのか僕に教えて欲しい
君は僕の心をリズムに乗せる秘密の治療法を知っている
僕の心が感じている痛みを治すための
薬や医者やアスピリンさえないんだ
僕の鼓動は弱くなってほとんど感じることさえできなくなっている
僕を救うために救急車を呼んで欲しい
僕には君の思いやりという電気ショックが必要なんだ
僕には君の愛の血清が必要なんだ
僕には君の人工呼吸が必要なんだ
僕たちの寝室を病室にして欲しいんだ
君のことを必要としている落ちぶれた男がいるんだ
そこにいるだろう!?
急いでここへ来て欲しい
これは緊急の呼び出しなんだ
僕を抱きしめて愛していると言って欲しい
ここにいて欲しい
僕の魂を癒して落ち着かせて欲しい
ここにいて欲しい
君への愛のために僕が死にそうになっていることが分からないの?
君がいなければ僕の歩む道は消えてしまう
君がいなければ草花は刺ばかりになるだろう
君がいなければ僕は生きてはいけない
君がいなければ僕たちの愛の物語は書かれることはない
君がいなければ僕が書く詩は支離滅裂になる
君がいなければ僕の宇宙の星が輝くことはない
僕の元気はますます低下している
戻ってきて欲しい

……なるほど、、、

確かに、いろんな解釈ができる。

女性はもうこの世にいなくて、この人のところには来れないのかもしれない。

他の男と、どっかに行ってしまったのかもしれない。

しかも、曲の最後の音…あれが、心停止の音なんだと言われて、改めて聴いてぞくぞくっと。

なるほどなぁ……これだって、男の心がけ今死んだのか、ほんとに亡くなってしまったのかもわからないし、、、

今度から、こうやって調べてみる習慣をつけてみようかと思いました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です